オ夕工ノレ☆ブログ III

オタクOL、略してオ夕工ルのブログです。

「嫌い」に理由は必要か

「好きに理由はいらない」って本当か

ほら、よく「好きに理由はいらない」って言うじゃないですか。

でも、それって本当なの? って思うわけ。

わたし自身はどちらかといえば好きなものについて長々語って布教したがる典型的なオタクなので、おおよその好きなことに理由やきっかけがある。

自分がそういうタイプなため、何かに興味を引かれたり何かを好きになったりと感情が大きく動いたとき、そこに理由がないわけがないと考えている。

「かっこいい」「顔が好み」といった外見的な感想だって理由になるし、「たまに暴力を振るうけど、本当はとても優しい人なの!」というのだってまぁ好きな理由になると思うので、理由もなく好きになるなんてことあるの? と不思議に思う。

「好きに理由なんてない」と言っている人は、好きな理由を上手く言語化できないか、好きになったきっかけを思い出せないだけではないだろうか。

ちなみに、わたしがA.B.C-Zを好きになったきっかけは、たまたま『ABChanZoo』のクイズサバイバル企画を見てあまりの頭の悪さに「こんなにバカな人たち、わたしが応援してあげないと芸能界で生き残れない…!」という謎の母性本能(?)が発揮されたせいです。

A.B.C-Zに出会わなかったら売れないホストとかにハマって貢いでいたかもしれないので、A.B.C-Zには本当に感謝している

「嫌い」には理由があるのか

「好き」に理由はいらないというのに、「嫌い」には何かしら理由を付ける人が多い。

ただ、「嫌い」の理由として、クラスメイトや同僚だったら「気が合わない」「マウントとってくる」「仕事ができない」「息がくさい」など具体的なものがあがってくるだろうが、有名人に対するものになると途端に「生理的にムリ」「目が笑っていない」といった曖昧なものが増えるように思う。

たとえば、ゴキブリが嫌いな人が「生理的にムリ」というならば、生物としてのジャンルが自分たちと違うから理解しがたい・受け入れがたいんだろうというのは分かるが、同じヒト科ヒト属ホモ・サピエンス・サピエンスである生物に対して「生命現象の機能的にムリ」ってどういうことだ。

と思ったら、「生理的に」って生理学とは関係なく「理屈ではなく本能で」みたいな意味合いなんですね。それでも納得できないけど。

そして、「目が笑っていない」だが、目が笑っていないのはそんなにいけないことだろうか。

わたしは接客業なので仕事中はオールウェイズ作り笑いだが、元来表情が豊かな方ではないので多分目は笑っていない。でも、機嫌悪そうに見られるよりは死んだ魚のような目をしていても口角が上がっている方がマシだと思っている。

タレントの皆さんも無表情でいたら「感じ悪い」などと叩かれ、笑ったら笑ったで「目が笑っていない」と嫌われたら解決策がなくなってしまうので、顔が笑ってるなら目が笑っていないことは許してあげてほしい。

あと、個人的にガッキーこと新垣結衣は目が笑っていないと思うが、かわいくて好きなので、「目が笑っていない」=嫌いとは必ずしもならないと思う。

おそらく理由もなく「嫌い」っていうと嫌う方が悪いと思われるから、好きに理由が無いのと同様に、理由を上手く言語化できない・きっかけを思い出せない人がどうにか考え出した言い訳なんだろう。 

わたしの嫌いなこと

わたしは食べ物の好き嫌いがなく、朝からカツ丼食べるのもありだし夜ご飯がおかゆと梅干でもかまわないくらい食事に対するこだわりがない。

と自分では思っているのだが、人と話していて「もしかしたら食事に対するこだわり強いのかもしれない」と感じることがある。

それは、白いご飯の食べ方についてだ。

皆さん、ケンドー・コバヤシ出演の『餃子の王将』のCMをご存知だろうか。

ムービーギャラリー | 餃子の王将

このページの「現在放送中のCM」の左上にある『レッツワンバン篇』。

わたしはこのCMが嫌いで、何故なら、この「ワンバンさすとめっちゃうまい」というのが理解できないからだ。

何なの、ワンバンて。

白飯なんだから白いまま食え。

というと、「じゃあカレーや混ぜご飯や丼ものはどうなんだ」と思われるかもしれないが、カレーや混ぜご飯や丼ものは最初からご飯に混ぜたり乗せたりするもので、白いご飯として食べることを想定しないからべつに構わない。

わたしは味の付いたご飯がイヤなのではなく、白いご飯とおかずとして用意されているのに白いご飯を汚されるのがイヤなのだ。

タレだけつけて食べるくらいなら、餃子ごとご飯を食べて欲しい。

おかずと一緒には食べないけどご飯に味を付けたいというのなら、ふりかけとか塩でも振って食ってろ。

この主張を人に話して理解してもらったことはなく、唯一の同士は「ご飯とパンツは純白なほど良い」とテレビで発言していた有吉弘行である。有吉のこと好きでも嫌いでもなかったけど、この発言を聞いて以来好感度がめっちゃ上がった。

そんなわたしなので、ジャニオタではあるものの、TOKIO国分太一が苦手だ。

なぜなら、今はどうか分からないがパートナーがケンタロウの頃の『男子ごはん』で、味の濃いガッツリ系おかずをご飯に少しだけ乗せて食べるというのをよくやっていたのだ。

その食べ方をわたしは『太一スタイル』と呼んで忌み嫌っていて、最近は世間の風潮も考慮して「タレだけ残すのでなく、おかずも一緒に食べるのならオッケー」と譲歩しているが(なので、餃子丼にしなくても許す)、それでもなお太一スタイルへの苦手意識が強い。結果、国分太一に対しても苦手意識がある。

国分太一を「目が笑っていないから嫌い」「本当は冷たい人だと思う」みたいなよく分からない理由で嫌うネットの声を目にしたことがあるが、きっとその人たちは『男子ごはん』で太一スタイルを見掛けて以来嫌いになったけどその理由を忘れてしまったんだと思う。

全国の同士よ、思い出して!そしてわたしに共感して!

ただ、もし心底「目が笑っていないから嫌い」と思っているなら、申し訳ないが理解できない。白飯にタレつけて食べるくらい理解できない。

ジャニーズ伝説

ジャニー喜多川氏、逝去。

2019年7月9日23時30分頃、ジャニー喜多川氏の訃報のニュースが入った。

ニュース番組で速報が入ったり、ワイドショーでもジャニーさんが手掛けてきたアイドルたちを過去から現在まで振り返ったり、はたまたジャニーさん亡き後のジャニーズの苦境を予想した記事にネットで公開しているメディアもあったりと反応は様々だが、注目度が高いことは間違いない。

死んだらすべてチャラってわけではないけれど、亡くなった直後に故人についてどうこう言うと人格を疑われてしまいがちなので、とりあえず今は良かったことだけ思い出す方がいいと思う。

『ジャニーズ帝国崩壊』とか、そんなことが起こるような気がしなくもないけど今言わなくてもいいじゃん、って思うよね。

安らかにお眠りくださいますよう、お祈り申し上げます。

内くんとジャニーさん

内くんこと内博貴さんといえば、ABChanZooで「舞台の告知がある時に登場してはA.B.C-Zが作った変なものを押し付けられる不憫な人」というイメージが強いが、かつては関ジャニ∞とNEWSを兼任し、ふたつのグループでCDデビューしたという華々しい経歴の持ち主である。

そんな内くんは2005年に未成年飲酒により補導され芸能活動を休止しどちらのグループからも脱退したという、これまた珍しい経験を持っている。

その後、NEWSは半分くらいメンバーが脱退し、関係ないけどKAT-TUNもどんどんメンバーが消えていき、内くんがNEWSや関ジャニからいなくなったことなど誰も気にしなくなっていった。

わたしはその頃まったくジャニーズに興味がなく内くんにも関心を持っていなかったが、A.B.C-Zやふぉ~ゆ~ファンになってから知るようになってから内くんのメンタルについて尊敬の念を抱いていた。

一度CDデビューしてステージで輝く経験を知ってしまったら、その路線から外れてしまうのはすごく辛いことだと思うし、その栄光を追いかけ続けてしまうのも当然の心理だと思う。

実際、グループを脱退してジャニーズ事務所を辞めた後、新たにバンドやソロとして音楽活動を始める人も多い。

不祥事でのグループ脱退して事務所内でも気まずかっただろうし、一緒にやってきたメンバーたちの華々しい活躍と自分の現状を比べてつらくなったりもしたと思うけれど、それでも事務所を辞めずに地道に舞台経験を重ねている内くんという人はメンタルもタフだし、若さゆえの失敗はしたけれど、今は自分を律して求められた役割を果たすことが出来る人なのだと思っていた。

そんな内くんの、ジャニーさんへの追悼文の一部をご紹介したい。

僕が昔、不祥事を起こしてしまい、自分なりにケジメをつけようと思い直接辞めさせて頂きますと言ったら、内お前はそんなに自分勝手なのか?我慢というものを知らないのか?と、人生というものは誰しも失敗して成長して行くもんなのだと。強く説教されたのを覚えてます。それがあって今の僕が居るんです。

わたしが思っている『失敗を乗り越えたタフな内博貴』という人は、ジャニーさんがいたから作られたのだと感じた。

きっと内くんだけじゃなく、ジャニーズのタレントは皆がジャニーさんから何かしらを教えられ、導かれてきて今があるんでしょうね。

www.youtube.com

「教えてくれたのはあなたでした」「支えてくれたのはあなたでした」ってジャニーさんっぽい。

ジャニーさんよ永遠なれ。

僕はこの時代に産まれたこと、
ジャニーさんに出会えた事を誇りに思います。
A.B.C-Zを作ってくれてありがとう。

というのは我らがセンター・橋本良亮のジャニーさんへの追悼コメントの一部だが、A.B.C-Zは本当にジャニーさん無しでは存在しなかったグループだと思う。

たとえば、King&Princeはジャニーさんじゃなくてもあのメンバーを集めて結成しようと思いつきそうだが、A.B.C-Zはジャニーさんじゃなかったら今のメンバーにはなっていないのではないだろうか。

少なくとも、すでにある程度完成していたA.B.C.というグループに最年少のはっしーをメインボーカルとして加入させようなんて、普通はならない。

タッキーがSnow Manを増員、15歳のラウールもそのメンバーとして加入させたということがあったが、それもジャニーさんがA.B.C-Zで前例を作らなければ出来なかったのではないかという気がする。

「一般的に考えても思いつかない」「思いついても普通はやらない」ということを平然とやってのけ、周囲の思惑を気にせず自分の考えで動いてしまう大胆さがジャニーさんの魅力だったのかもしれない。

まわりがジャニーズに夢中だった頃無関心だったわたしを、わりと年をとってからここまでジャニーズにハマらせたジャニーさんは本当に人の心を操る天才であり、多くの女性を狂わせた罪深い男である。

ジャニーズが解散しても、光GENJIが解散しても、SMAPが解散しても、ジャニーズ事務所は存在し続けたけれど、ジャニーさんがいなくなった後のジャニーズ事務所がどうなるのかは分からない。

圧倒的な天才がいなくなって、普通の芸能事務所になってしまうのかもしれない。

野田社長がいなくなった後のイエローキャブのように先細りになり、いずれ無くなってしまうかもしれない。

でも、仮にジャニーズ事務所が今と違う形になったとしても、『ジャニー喜多川』というプロデューサーが日本の芸能界に与えた影響は消えることはないはずだ。

www.youtube.com

『Legend Story』にはジャニーさんのエンターテイメントへの思いが込められているような気がしている。

A.B.C-Zの曲をこれから一生の間で10曲しか聴いちゃいけないという呪いをかけられたら、10曲のうちの1曲はこれにしようと考えるくらい好きな曲だ。

夢あふれて、皆でその思いを受け継いでいって、100年先まで続くようなものをジャニーさんが目指していたのなら、A.B.C-Zもその一端を担っていってほしい。

2019年6月を振り返る

前半はもやもやした6月

関東甲信越地方は6月7日に梅雨入りした。

わたしは梅雨なし地方・北海道での暮らしが長かったため、梅雨を知ってから20年近く経ったというのに未だに梅雨というシステムに慣れていない。

雨が降ってるのに涼しくもなく、毎日じめじめして洗濯物もたまるし、ただでさえ毛量が多い髪が爆発してしまう。毎日がボンバヘッドである。

www.youtube.com

燃え出すような熱い魂。

そんな憂鬱な日々に差し込んだ光、それがA.B.C-Zコンサートツアー開催のお知らせだった。

ということで、もはやえびコン&CDリリースのお知らせ以外覚えていないが、6月を振り返っていきたい。

A.B.C-Z Concert Tour 2019 Going with Zephyr 開催決定!

毎年夏にCDアルバムをリリースし、コンサートツアーを行うA.B.C-Z

昨年は塚ちゃん主演映画の公開に合わせたのかアルバムの発売が5月で、そのためコンサートの開催時期も前倒しで行われ、4月にはコンサートの申し込みと振込を済ませていたので、6月になっても何のお知らせもないことに不安を覚えていた。

まぁ今年は1月にコンサートがあったから最悪えび座さえやってくれたらいいか…と謎の妥協をしていて心を整えていたが、えびコン意外と冬でもイケるじゃんと事務所が気付いて冬にやることにしたとか、諸般の都合によりA.B.C-Zはコンサートもやらないしアルバムも出さないことにしたとか、何でもいいから情報くれよ! という思いはあった。

そんなモヤモヤから解放された上、第一希望で当選したのでもう思い残すことはない。

f:id:ota_l:20190707230419j:image

ジャニオタ(というかえびオタ)になって4年目、そろそろ遠征に手を出してもいい頃かと思い、関東圏の千葉を外して希望を名古屋にしてみた。

無事当選したので、名古屋観光がてらコンサートを楽しみたい。

トラジャのサマパラも第一希望で当選しました

Snow Manは外れたけどトラジャは当たったので、コンサートに当たらないことを理由にジャニーズJr.情報局を退会するのは見合わせた。

Jr.のコンサートに行くのは初めてだが、きっとデビュー組よりも熱量激しめのファンが多いだろうから、わたしもテンション高めで臨もうと思う。

うちわを作って備えよう!とノエルくんへのアピールとして、

自給自足」(ノエルくんの持ちギャグより)

とか

パンをパンパン焼いて」(料理教室で習ったパンを焼いてメンバーにふるまったと誰かが言っていた&トラジャYou Tubeエンディング曲の歌詞より)

とか考えたり、トラジャに歌ってほしいA.B.C-Z曲と歌割りまで妄想したりしていたが、えびコンに当選してからはえびコンのことしか考えられない。

A.B.C-Zもトラジャもふぉ〜ゆ〜も平等に好きなつもりでいたけど、やはりわたしにとってえびは特別なんだな、と再確認した。

ふぉ〜ゆ〜、ジャニーズタレント初の公式LINE開設

ネット展開やSNS活動に消極的なことでお馴染みのジャニーズにおいて初となるLINE公式アカウントを、ふぉ〜ゆ〜が6月25日に開設した。

7月15日にはLINE LIVEも予定されていて、お友達登録も10万人を超え、今後の展開が楽しみだ。

今のところ福ちゃん、こっしー、辰巳くんからのメッセージが配信されているが、ザキさんからのメッセージが来ることに今から戦慄している。

ふぉ〜ゆ〜はジャニーズ初のCDデビューせずにJr.卒業を明言したグループだし、結構ジャニーズ初を試されがちなグループであるような気がしてならないが、ふぉ〜ゆ〜自身にとっても、後輩への道標としても、いい結果になることを祈っている。

ただ不満があるとすれば、公式LINE開設したと知ったのがネットニュースということだろうか。

そういうことは、情報メールサービスからお知らせしろ。わたしが気付かなかっただけでメール着てたらごめん。

ジャニーさん、倒れる。

100歳くらいまでジャニーズ伝説の演出してるんじゃないかと思われたジャニーさんことジャニー喜多川氏(87)が、くも膜下出血のため緊急搬送された。

ジャニーズタレントが情報番組に出演したり、イベントの取材を受けたりする度にジャニーさんの病状について語る必要はないと思うが、ジャニーさんが頑張っているというならば、こちらとしては元気になってくれるよう待つばかりだ。

 ジャニーズの舞台やグループのネーミングやメンバー選定など、ジャニーさんでなければ出せない絶妙な味わいが失われてしまうのはまだ早い。

それにしても、87歳のジャニーさんがこんなことになったのに、死んだとも倒れたとも病気だとも聞かないメリーさん(92)ってすごいですね。

もうえびコンのことしか考えられない

多分他にもいろいろあったと思うけど、えびコンで頭の容量を使い尽くしているので何も思いつかない。

『デルサタ』はわりと無造作に客席の様子を放送するから、うっかりテレビに映り込んでもいいように、今からダイエットと肌の調子を整えることに力を入れていきたい。

 

長州力が引退した話。

革命戦士、21年ぶり二度目の引退。

去る6月28日、プロレスラー長州力が1998年以来二度目の引退試合を行った。

『○年ぶり(○年以来)○度目の~~』っていう言い回し、高校野球っぽくていいですよね。

一度目の引退は1998年1月4日の東京ドーム大会で、二度目は後楽園ホール大会。

かなり規模が違うし、試合自体も一度目の時は藤田和之吉江豊高岩竜一飯塚高史獣神サンダー・ライガーの5人掛けで、今回は長州・越中・石井組VS藤波・武藤・真壁組の6人タッグマッチと、形式・メンバーともにまったく異なる雰囲気だった。

わたしは一度目の引退の頃、北海道の田舎に住んでいたし学生で自由に使えるお金も少なかったので、なかなかプロレスの試合を生で見ることはできなかった。プロレスのために上京するなんて、考えも及ばなかった。

なので今回、長州力というプロレス史に名を残すレスラーの引退興行を見ることができて、本当に幸運だった。

まあ二度目の引退だし、後楽園ホールのチケットは取れなくて映画館でのパブリックビューイングだったから、そんなに希少価値はないのかもしれないけど。

正直なところ、わたしは武藤啓司の復帰戦(グレート・ムタは武藤啓司に含まない)が気になって観に行く気になった程度武藤ファンなのだが、そんなわたしからすると、良い引退試合だったと思う。

新日を退団して長州の旗揚げしたWJに入団した越中詩郎、自ら長州に直訴して弟子入りし、WJ崩壊後もリキプロ・新日本と長州に付いていき続けた石井智宏がパートナー、「かませ犬」発言からのライバル関係が有名な藤波辰爾、レスラーとしてのスタイルが水と油な武藤、そして1998年当時は5人掛けの中に選ばれなかった元付き人の真壁刀義が対戦相手というだけでグッときた。

今風に言うと、超エモい。使い方合ってる?

あと、大会自体が全体的に長州が気に入ってたり長州と関わりがあるレスラーを中心に組み立てられていたのだが、久しぶりに見るレスラーや名前は知っているけど試合を見たことのないレスラーを見ることが出来ておもしろかった。

テレ朝の『ワールドプロレスリング』とかは前座試合なんてちらっと紹介する程度でほとんどメイン級の試合やレスラーばかりだし、そもそもテレビ中継のない団体のレスラーの試合を見ることが最近なかったので、久しぶりにひとつの興行を第一試合からメインまで通しで見て、インディー・メジャー、若手・ベテラン問わずのいろいろなレスラーの姿を見ていて、やっぱりプロレスは面白いと再確認した。

MEN'S姐さんことMEN'Sテイオーが相変わらず元気そうだったこと、久しぶりに見たら葛西純が何だかかわいかったことに大満足している。

ドラゴン藤波も元気そうでよかった。

www.youtube.com

無駄な高音質がたまらん。

引退するということ

今回長州が二度目の引退と言うことで、引退で何度目っておかしいだろ、いやプロレスなら引退を何度もするのは当たり前だろ、などプロレスファンもそれ以外の人も意見は分かれるところだろう。

わたし個人の考えとしては、一度引退してみたものの本人が納得できない部分を残していたり、まだやりきっていないと思う部分が出てきたならば復帰してもいいと思う。

なので、もはや引退芸人ポジションにいる大仁田厚の7度目の現役復帰も、本当に引退するつもりでいたけれど遣り残したことがあって復帰したのならばそれでいいと思う。

ただし米山香織、てめーはダメだ。

いや、ダメってことはないんだけど、引退試合後の10カウント中に「やっぱり引退やめます」は無いだろ、と。

「行くかどうか悩んでいたけど、米ちゃんの引退なら見に行かないと!」っていうファンもいただろうし、最後だからと無理して来てくれた人もいたかもしれないから、そんな人たちの気持ちを考えたら、大会前、せめて試合の前に決めるか、逆に試合後数日経ってから「よく考えたのですが…」って感じで発表してほしかったと思う。

現役続けてくれて、また試合を見られるのはファンからしたら嬉しいことだけど、最後だと言われていた試合の直後に引退撤回されたら

「さっきの試合の感動を返せ!」

って思ってもおかしくない。引退関連興行のチケット払い戻し対応になったのでお金は戻ってくるけど、試合で感じた感動はそうはいかないんだ…

でも、プロレスラーなんだからそれくらい常識外れなのが正解なのかもしれない。

あの時引退しなかったから、今年の10月にデビュー20周年記念興行を聖地・後楽園ホールで開催できるんだし、きっとこれで正解だったんだろう。

と書いて、「あれ?今年で20周年?」と思って調べてみたら、わりと最近のことだと思っていたあの引退騒動は2011年12月の出来事で、もう7年半も前のことだった。

昔のことばっかりグチグチ言うから、年寄りは嫌われるんですね。

そして、アイドルの卒業・引退のこと

よく、アイドルグループに長年在籍しているベテランメンバーのことを老害呼ばわりしたり、「早く卒業して若手に道を譲れ」とか「いつまでアイドルやってるつもりだよ」みたいなことを言う人がいる。

あと、ジャニーズのグループに関して「30超えたオッサンがアイドルとか名乗るな」みたいなことを言う人もいる。

そういう意見が出るのも理解は出来るが、どちらについても他人がどうこう言うことじゃないし、まったくもって余計なお世話だ。

ファンや世間様あってのアイドルではあるが、アイドルとして活動しているのは本人であり、アイドルたる自分をどこで辞めるか決める権利を持つのも本人だけである。

本人が「ボーカル&ダンスグループの嵐です」とか「兼業農家バンドのTOKIOです」って言い始めたなら、それを受け入れるが、本人たちがジャニーズ事務所所属の男性アイドルグループであると自覚しているなら、その自覚が続く限りアイドルであっていいと思う。

まぁ若手の方から「先輩!いい加減卒業してポジション譲ってください!」と直訴されたり、プロデューサーから「最近、さすがに他のメンバーから浮いてきてるよ」とさり気なく肩叩きされたならば少しは考えた方がいいかもしれないが、本人が納得できないのに周囲の意向によって辞めてしまうと本人の中で消化不良を起こしてしまうのではないだろうか。

ほら、加護ちゃんもアイドルとして志半ばでハロプロを解雇されて細々と能活動を続けた結果、結婚してママになってからアイドルユニットを結成してるし、やっぱり本人がやりきったと思えないと気持ちが燻り続けちゃうと思うんだよね。

なので、峰岸さんも柏木さんも本人が納得できるまでアイドルとして頑張ってほしいと願ってる。

五関さんお誕生日おめでとうございました

マッチさんに続くベテランジャニーズ34歳

6月といえば、ジャニオタ的には欠かせない一大イベントがある。そう、

「ジャニーズ歴はマッチさんの次に長い」

「50歳くらい」

など、やたらジジイ扱いされがちなA.B.C-Zの五関晃一さんのお誕生日である。

去る6月17日にめでたく34歳のお誕生日を迎えた五関さん、長いジャニーズ歴の中で辞めたくなることもあっただろうが、わたしがその存在を知るようになるまで続けてきてくれたことに本当に感謝している。

初単独主演舞台を来月に控え、さらにA.B.C-Zとしてニューアルバム発売とコンサートツアーも予定され、今後もわたしたちを喜ばせてくださるようである。

ところで、わたしはA.B.C-Z箱推しではあるものの5人の中で誰か一人を選ぶなら五関さんを選ぶ程度の五関担なのだが、どうやらファン以外の方々からは地味に映るようで、

「何で塚ちゃんでもイケメンでもない人が好きなの?」

と聞かれることが稀にある。

そこで今回は、わたしが感じる五関さんの魅力をご説明し、A.B.C-Zファン以外の方々の「なぜ」にお答えしたいと思う。

1.ダンスが細かい

五関さんといえば「ダンスがうまい」というのが定説である。

だが、考えてみれば、ジャニーズとして長年活動している人は大抵ダンスがうまいだろうし、リズム感皆無でダンスなど一切出来ないわたしには踊れる人は皆うまく見えるし、何ならA.B.C-Zなんて皆ダンスの天才に見える。

そんな中、嘘か誠か知らないがジャニーズ界で有名なめっちゃ怖い振付師の先生に怒られないと評判なのが嵐・大野くんとA.B.C-Z・五関さん。

大野くんについてはそんなに存じ上げないのだが、五関さんのダンスが際立って見えるのは動きが細かいからではないかと思う。

皆同じフリで踊っていて動きもそろっているけど五関さんは体の先まで使ってる感じがしたり、フリーダンスの時に細かく音を拾っていたりしていて、それが上手さなのかは分からないが、わたしは五関さんのダンスのそういうところが好きだ。

www.youtube.com

このVanillaの、イントロでくるっとしゃがんですたっと立ち上がるところ(語彙力がない)の動きのキレとか、歌が始まってからのフリーダンスの動きの細かさ(特に0:15~0:19あたりの脚さばき)がいい。

昔から歌われてきた曲なのでYouTube探るといろんなVanillaが出てくるが、五関さんに関してはこのバージョンが一番好きだ。

あと、このバージョンのとっつーの髪型も結構好き。

2.声がイケメン

前、A.B.C-Zのレギュラーラジオ番組『A.B.C-Z GO! GO! 5』で、

「家にテレビが無いのでA.B.C-Zのことをラジオで聴いたことしかなく、最近初めてテレビでA.B.C-Zを見ましたが皆さん声のイメージのままでした。声だけ聴いているときは五関さんが好きでした。」

みたいな内容のお便りが読まれていた。

『五関さんが好きでした』ってことは、姿を見たら五関さんが好きではなくなったの…? と気にならなくもないが、ラジオでのトークを聴いて五関さんが好きになる気持ちはめっちゃわかる。

癖がなくて聞き取りやすい穏やかなイケメンボイスなので、トークさえできればラジオに向いていると思う。

そして、ものすごく面白いことや気の利いたことを言うわけじゃないけれど、声の圧が強すぎるふみきゅん塚ちゃん、何を言い出すか不安なはっしー、テンション乱高下のとっつーという個性の強すぎる他のメンバーに対して、落ち着いた声色で常に安定している五関さんに癒される人も多いのではないだろうか。

さすがミスター無難である。いい意味で。

3.歌声もイケメン

あまりソロが与えられないことでおなじみの五関さんではあるが、別に歌が下手なわけではない。

そして、「レコーディングで『声に表情ください』と言われる」と何かで言っていた気がするが、別に声に表情が無いわけでもないと思う。元気いっぱいに、感情たっぷりに歌う曲との相性がちょっぴり良くないだけで。

じゃあどんな曲なら五関さんの声と相性がいいのかと言えば、これだ!と断言できるほど五関さん、そしてA.B.C-Zを知り尽くしているわけではないけれど、わたしのオススメはこちらです。

www.youtube.com

常々言っているが、五関さんに「好きだよ 痛いほど」の歌割を与えた関係者にマジで金一封送りたい。

金銭の授受が問題になるようだったら、お中元としてビールの詰め合わせを贈りたい。

静かな曲調で優しく歌いあげるとか、逆にクールに歌う感じとか、そういうのが合ってると思うんですよ五関さんには(無駄な倒置法)。

でもこの動画だと、五関さんよりはっしーのガイコツ加減とか塚ちゃんがめっちゃアイドル感出してるとかふみきゅんが妙にカッコつけてるとか、そっちが気になってしまう。

あと、このメンバーカラーにいい感じの風景がプリントされてる衣装好きなんだけどあまり見かけないので、コンサートや歌番組出演の際に是非また着てほしい。

4.笑顔がかわいい

ABChanZooのクイズサバイバル企画のMCだったドランクドラゴン鈴木拓がふみきゅんについて「笑顔がダサい」と言っていたのだが、何となく言わんとするところは分からなくもない。

そして、同じくABChanZooで、何の流れかは忘れたがナレーションで「さわやかな笑顔の五関」と言われていた五関さん。

f:id:ota_l:20190629211758p:image

わたしにおすすめされた、上から4つめの五関さんの笑顔の爽やかさよ。

あまりのかわいさに、思わずスクショを撮ってしまった。

五関さんってコンサートや舞台の直前に頬がこけるとシャムシェイドのボーカル似になる上見た目年齢+10歳くらいになるけど、頬がふっくらしている状態での笑顔はめっちゃかわいいと思うのですがどうですか皆さん。

わたしはデビューしてからのファンなのであまり昔の姿を知らないが、Jr.時代でまだちびっこJr.だった頃の五関さんはさぞかわいかったことだろう。

でも、たまに10年くらい前の映像とか見ると、塚ちゃんが金髪じゃなかったりはっしーが若かったりするけど五関さんは髪の長さくらいしか変化が感じられないので、昔からこんな感じだったのかもしれない。それはそれでいい。

5.舞台映えする

とっつーが「五関くんはロシア人みたい」と言っていたそうだが、五関さんは地味に思われがちだけど、実は彫りが深くてゴツゴツしたプーチンみたいな顔をしている。

何かの雑誌のグラビアで、目のところがくぼんでいるため影になって、全体的に顔が真っ暗だったことがあった。

目もくっきり二重だし鼻筋も通ってるし、イケメンの要素を兼ね備えていると思うのだが、どうやら世間はそれを理解していないようで、検索窓に「五関晃一」と入れると「ファンいるの」という検索ワードと共に出てきたりする。

うるせぇ、ここにいるよ!

www.youtube.com

すみません、取り乱しました。

そんなゴツゴツした顔の五関さんだからこその魅力として、「舞台メイクがめっちゃ映える」というものが挙げられる。

シェイクスピア物語』のネッド役とか、55ツアーの塚ちゃんソロコーナーに登場したリカちゃんのロックな元カレとか、非日常的な濃いめのメイクに華やかな衣装が似合いすぎる。

小柄だからキャラクターを選ぶかもしれないが、コスプレとかやってたらいいんじゃないかな。

五関さんの魅力が伝わったでしょうか

おそらくこれを読んでくれた7人くらいの方々は、A.B.C-Zのファンかジャニオタの方々だと思うので、これを読んで初めて五関さんを知るような人はいないだろう。

でも、存在は知ってはいるけど顔と名前以外のことはあまり知らない、という方が、これを読んで五関さんに興味が出てきたら幸いです。

そもそも知らないという方が興味を持ってくれてもとても嬉しいです。

もし、「分かるー、わたしも五関担!」という方がいらっしゃいましたら、是非お友達になってください。

でも、五関ファンだけど、今年もコンサートでファンも一緒に踊れるダンス振付を作るならばダンシング五関先生よりメロディ先生がいいと思ってる。

だって、ダンシング先生の振付けは難しすぎるから…

サマパラ当たったのでトラジャに歌ってほしいA.B.C-Zの歌ベスト5を考えた

Summer Paradise 2019に当選したのでジャニーズJr.情報局会員を更新しようと思う

f:id:ota_l:20190614225601j:image

トラジャのチケット取るためにJr.情報局に入会したのに横アリ単独外れるし、情報局はファンクラブと違ってバースデーカードもないし会報も送られてこないし(デジタル会報はあるけど)、YouTubeとISLAND TVがあれば情報局動画もさして存在意義ないし、サマパラ外れたらまじで情報局辞めるわ…と 「この戦争が終わったら結婚するんだ…」のテンションで決意していた。

そんなわたしの思いが神に届いたのか、わたしのブログを見かけたジャニーズ関係者が「情報局会員を囲い込め!」と気を遣ったのか、無事第一希望で当選した。

これを楽しみに、あと2ヶ月生きていける…

夏物の着物をもらったから来年まで生きる太宰治みたいなことをいつも言ってしまうのだが、特に死ぬ予定はない。

それに加えてなかなか発表がなくてやきもきしていたA.B.C-Zのコンサートも開催が発表されたので、仮に死ぬ予定があったとしても少なくとも秋以降に延期する。

ということで、えびとトラジャのことばかり考えているうち、サマパラでトラジャにえびの曲を歌ってほしいという考えになり、ぜひとも歌ってほしいA.B.C-Zの曲を5曲ほどピックアップしましたので聞いてください。

第5位 『Vanilla』

5月25日、26日にさいたまスーパーアリーナで開催されたSnow ManTravis Japan、なにわ男子による『ジャニーズIsLAND Festival』でトラジャがA.B.C-Zの『Vanilla』を歌っていたという話をTwitter界隈で知った。

残念ながらわたしは観ることが出来なかったので是非サマパラでもやってくださいお願いします。

やはり気になるのは、サビ前の

やばすぎる~にお~い~を~」(I can see)

の、ふみきゅんの声の圧がめっちゃ強いことでおなじみのアイキャンシーをトラジャでは誰がやっていたのか、といううことだ。

個人的にはノエルくんにすごい良い発音で「I can see」って歌ってほしいと思っているけれど、それはノエルの無駄遣いだろうか。

第4位 『Summer 上々!!』

わたしはサマパラに行ったことないし、はっしーのソロのサマパラをDVDで見たことくらいしかないが、たぶん夏っぽい曲の1曲や2曲はやると思う。

その夏曲の中に紛れ込ませたいのが、『Summer 上々!!』である。

この曲は明るくてコミカルな、ザ・塚ちゃん曲といった感じなので敢えてトラジャが歌うこともない気がしなくもないが、やってほしい理由がある。

それは、間奏のダンスだ。

間奏の、隣の人と手を叩き合う振り付けがとてもかわいくて、コンサートでA.B.C-Zも大きいJr.も小さいJr.も一列にならんでパチパチやっている姿がとてもかわいいので、是非トラジャでもやってほしい。

ただ、この曲のメインボーカル、トラジャの中だったら誰だろう…ちゃかちゃんって感じじゃないんだよな…

ここはひとつ、YouTube企画でエンディング曲を作ったときに『夏の唄』を作ったトラジャで最も夏が似合う男・しめちゃんメインで歌ってもらいたい。

第3位 『Smiling Again』

そもそも、A.B.C-Z自体がそんなに歌っていないし、わたしも実際にA.B.C-Zが歌っている姿を生で見たことはないし、何年か前の少クラで歌っている姿をどこか(多分YouTube)で観たことがある、という程度に聴く機会の少ない『Smiling Again』。

聴いたことのない方も多いかもしれないが、全体を通して前向きなようでいて結構苦労してそうな感じの歌詞がすごくいいのでおススメだ。

悪い事なんかもそのうちには So やってくるでしょう

でも不思議な事に I'm smiling again.

笑っているのが『不思議な事に』って結構ヘビーな状況じゃない? っていう気がするんですけど、どうですか。

何だかんだ順風満帆じゃなかったA.B.C-Zがこの歌詞を歌うのが感慨深いなぁと思っているが、メンバー変遷を考えると相当波乱万丈なTravis Japanが歌ってもなかなか沁みるんじゃないかと思う。

二番の歌詞の

でも許せるでしょう I'm smiling again.

も深いよね。

あと、少クラで歌っていた時の映像では、サビの部分で五関さんを中心にしたえびザイルを披露していたので、是非トラジャでもとらザイルしてほしい。

第2位 『Fantastic Ride』

少クラでトラジャ&らぶで歌っているのを観たことがあって、それもすごくよかった。

だが、今のメンバーで歌っているのはまだ観たことがない気がするので、松松を加えた今のトラジャの『Fantastic Ride』が見たい。

サビのフリも、何気ない感じだけどそろったらすごくかっこいいので、是非やっていただきたい。

www.youtube.com

この星柄ベストかわいいよね。

曲自体めっちゃ好きなのだが、えびコンでは3年前のアルバム曲を今さらやらない気もするので、ここはトラジャにお頼み申す。

あと、気になるのはやはり

終わらない夢まで たどり着こう

の、ふみきゅんの圧の強い「たどり着こう」をトラジャでは誰が歌うのかということだろうか。

わたしの妄想の中では、まつくが「たどり着こう~」って歌ってる。

第1位 『メクルメク』

『メクルメク』好きなんだけど、4年前のアルバム曲なんてえびコンでは絶対やらないと思うので、これもトラジャにお頼み申す。

横アリでSnow Manが歌っていて、それはそれでよかったんだけど、わたしとしてはフルメンバーでダンスもちゃんと踊ってほしいわけですよ。

一番のサビ前の

太陽に溶かされたイカロスみたい 真っ逆さま

のフリの、はっしーのまわりを囲んだ二人組の小さい方が持ち上げられてバタバタするやつ(語彙力がない)を再現してもらいたい。

トラジャがやったら絶対かわいい。メンバー間の身長差があるからやりやすいんじゃないかと思うし。

ご存知ない方は、Early Summer Concertの映像で確認してください。少クラで歌ったこともあるけど、その時はそのフリの瞬間がはっしーのアップになったため多分見えない。

あと、振り付けの雰囲気が舞台っぽいというか、ショウとかレビューみたいな感じなので、多分トラジャとの親和性が高いと思う。

いつもの緑のジャケット衣装で踊っているトラジャの姿が見える…見えるぞ…!(幻覚)

このうち1曲くらい歌ってほしい

A.B.C-Zはいい曲がたくさんあるため、考え始めるとあれもこれもとどんどん希望が膨らんでしまった中、悩みつつ厳選した5曲である。

ただ、わたしの願いは世間の要望とずれることが多分にしてあり、妄想は大抵妄想のまま終わってしまうのだが、せめて1曲くらい叶ってくれると嬉しい。

『メクルメク』だったらもう一生トラジャについていく所存だが、せめて『Vanilla』はもうすでに1回歌ってるんだからまたやってくれてもいいと思う。

もちろん、この5曲以外の曲でも大歓迎なんですけど。

あ、『ずっとLOVE』もいいな。

AKIRAと金田とメトロポリタン美術館

AKIRAの結婚

EXILEパフォーマーであり俳優のAKIRAが台湾人女優リン・チーリンと結婚したそうだ。

EXILE・AKIRA リン・チーリンと“コスモポリ婚”会話は日英中3カ国語(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

LDH系には明るくないが、AKIRAのことは知っている。

『町医者ジャンボ』のジャンボ先生、ネットでは棒演技だとか叩かれてたけど「悪の医師・天龍先生によって感情を持たないサイボーグに改造されてしまったジャンボが患者たちとの触れ合いを通じて人としての感情を取り戻そうともがいている」という裏設定があると思い込んで見ていたら、案外悪くなかった。

と思ったら、『町医者ジャンボ』は元EXILEパフォーマーMAKIDAIだった

するとまさか…と調べてみた結果、わたしがAKIRA出演作だと思い込んでいた映画『恋するナポリタン~世界で一番おいしい愛され方~』もMAKIDAIだった。

『町医者ジャンボ』はともかく、『恋ナポ』はMAKIDAI的にも黒歴史だろうからここでは詳細は省くことにする。

となると実はわたしが知っているAKIRAはすべてMAKIDAIだったのでは…という疑いが出てくるが、GTO』と『HEAT』はちゃんとAKIRAだったので一安心だ。

わたしがLDH系タレントの見分けが付かないためにAKIRAとMAKIDAIをディスったみたいになったが、世間ではきっと「ジャニーズなんて人数多すぎて区別つかないよ!」って思われてるんだろうな…

いや、その気持ちも分かるよ。

コスモポリタンミュージアム

AKIRAディスるつもりはないし、日本語をベースに英語、中国語を使ってコミュニケーションをとっているという国際カップルの誕生は大変おめでたいと思う気持ちに嘘はないが、ちょっと気になることもある。上にリンクを貼った記事の一文だが、

さらに「お互い活動場所がバラバラなので、臨機応変に住居を決めていきます」と言葉だけでなく、住居もその時々の活動拠点に合わせて世界を股に掛ける。コスモポリタン(国際人)ならぬ“コスモポリ婚”だ。

何か上手いこと言った風にしてるけど、さして上手くもないよね? コスモポリ婚。

使った記憶は多分ないけど何か聞き覚えがある『コスモポリタン』という単語、どこで聞いたのかをわたしの灰色の脳細胞に問いかけた結果、

www.nicovideo.jp

これだったことが判明した。メトロポリタン。ポリタンしか合ってない。

「ポリタン」ってちょっと萌えキャラみたいな響きですね。ポリたん。

アンニュイな雰囲気の大貫妙子の歌声と楽曲の不思議な世界観、そしてアニメーションが相まって、NHK『みんなの歌』で見た当時の子どもたちにトラウマを植え付けたと評判の歌である。

まあ、大人になった今ならどうってことなかろうと思っていたが、動画を見たらそこそこ怖かった。最後、唐突に閉じ込められてるし。

AKIRAといえば

www.youtube.com

「金田ァ!」

「さんを付けろよデコ助野郎!」

ということで、わたしの中でAKIRAといえばこれである。

このシーンにも出てこないし、全編を通じて「アキラくんがどうしたこうした」ってナンバーズのキヨコ・タカシ・マサルが語るばかりで意外とアキラは出てこない。

1988年の作品だが、舞台は2019年のネオ東京、つまり今だ。

赤いマントにノースリーブの鉄雄を筆頭に、 ファッションが全体的に世紀末的(2019年なのに)すぎるが、実際のわたしたちはコスプレ以外で世紀末ファッションに身を包むことはないし、もちろん反政府ゲリラと軍の抗争も起こっていないし、こんなに頻繁に爆発も起こらない。

現実の2019年に近いのは、2020年に東京オリンピックが開催予定なことと妙におしゃれな甲斐のファッションくらいだ。

想像していたよりもずっと未来は現実的だね。

www.youtube.com

そしてGTOに戻る。

AKIRAのやつじゃないけど。